ともたん Rubber Stamp Diary


ラバースタンプと   消しゴムはんこを使った創作の日記
by greenfrog9
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:スタンプ( 66 )

開眼


国内外のスタンプアート作品を拝見しているといずれも凝っていて、
スタンプテクニックが駆使され、アクセサリーやリボンなどが上手に
使われています。

私はというと、思いつくものはシンプルな構成ばかり。
実際に作品にするとチープになってしまうのが悩みでした。
こりゃいかん! いえ、いかんわけではないのですが
もう少し複雑な、深みのあるデザインを考えたくなったのです。
コラージュ、タグ使いと、凝って見えそうなディテールを考え
作品にしてUPもしてみましたが、考えれば考えるほど
あれ〜、ちょっと違うかもと、考えすぎのラビリンスに迷い込んだあげく
パンチがなく、まとまりにに欠けていく始末。

しょげながら夫の横でぼそっと「いいカードってなんだろう・・・?」
とひとりごちたのです。
すると「テーマ性があって過度な修飾がないこと」と夫。
へぇ〜〜〜なるほど〜。 いいこと言うねぇ!
そうか、複雑にしようと思うあまりに
スタンプを生かすことを忘れていました。

で出来た作品がこちら。
d0071176_11544911.jpg

ちょっと〜、いいんじゃない〜〜!?
いいんじゃないの、アタシ〜〜〜〜〜!! 
とオダギリジョー張りに興奮。
スタンプを生かすという所まで行っているかはわかりませんが、
楽しんで作れたカードです。吹っ切れたせいか
「あ、ここにリボンがあるといいかも」と自然にコーディネートもでき。

緑の紙はバーサマジックナイアガラミストのDTPの上に、
ピンクグレープフルーツ、サッチドストロー、シーブリーズでスタンプ。

d0071176_1155113.jpgメインスタンプの
彩色は水彩色鉛筆で
しました。
普通に塗ると色鉛筆の
テクスチャー。
水を乗せると水彩絵具の
ようにぼかせる
色鉛筆です。
ぼかしは尖った筆先の
TUKINEKO FANTASTIXで。



アンティーク加工も程よく、井戸の中の蛙はご満悦です。
夫に評価してもらいましょう。いそいそ。これどぅお?
「。。。男の子がコワイ。」



使用スタンプ:Peperbag Studios
使用インク:バーサマジック、バーサファイン(ヴィンテージセピア)
[PR]
by greenfrog9 | 2006-06-24 12:07 | スタンプ

憩いのカード


ブラジル戦、早朝にTV観戦された皆さん大変お疲れ様でした。。。
今朝情報番組を見て結果を知った俄ファンであってもかなりへこみました。

失敗は成功の母! 気を取り直して今日のカードです。
d0071176_8251654.jpg

伊東屋papieriumさんで、表が布、裏が紙という
カルトナージュ用の紙を教えてもらい、コーヒー豆のスタンプをおしました。
耐久性はあまり考えていないのでバーサマジックで。
箱などに貼る場合はバーサクラフト、ファブリコなどの
クラフト用インクを使うそうです。
厚みもほどほどで、反りもなくとても使いやすい紙でした。

d0071176_8252978.jpgタグ部分はコラゾルの
テンプレートで。
専用のマットとカッターを使います。
カッターは刃が溝に添って
くるくる回るので
細かい曲線も美しく仕上がります。
まだボタンのアクセントが
付いていませんね。

d0071176_8254015.jpg







なんか物足りない〜
とグリュードッツミニで
ボタンを付けました。
グリューを台紙に
付けたまま、
ボタンの方をグリューに
貼り付けてはがします。

この質感、べっこう飴を
思い出してしまうのは
私だけでしょうか?


バックグランドの文字はブリリアンスの3色パッドで。
コーヒーらしく色が出て、ほくそ笑む私。
意気揚々と夫に感想を迫ると
「Life is Fun って言葉と裏腹に、なんだか今にも倒れそうな色だね」

。。。仰るとおりです。。。でもでもそこは私も悩んだのよ〜
それで最終的にその色に落ち着いたのよ〜
タグのバックグラウンド(BG)におしたスタンプを生かしたかったのよ〜
(シャドウインクだからほとんど見えないけど。。。)

失敗は成功の母です。


使用スタンプ:Stampington&company
使用インク:バーサマジック、ブリリアンス、ウォーターカラー
[PR]
by greenfrog9 | 2006-06-23 08:32 | スタンプ

父の日

d0071176_1059734.jpg


明日は父の日ですね。
日頃のお礼にシンプルカードをつくりました。
プレゼントがつく可能性低し。

スタンプはほんの少しで
紙を重ねただけなのであっという間にできました。

d0071176_10593472.jpg
ユーモラスな笑顔の
クラフトパンチは
カーラクラフトのもの。
「ニッ」という商品名に
ウィットを感じます。

パンチで抜いたあと、
それぞれ紺と赤に
DTPした紙を
裏打ちしてあります。



使用スタンプ:Judy Kins(背景),HERO ARTS(文字、水玉)
使用インク:バーサマジック(ナイトスカイ、ルージュレッド)
      ブリリアンス(黒)
使用パンチ:カーラクラフト、クレタケ
[PR]
by greenfrog9 | 2006-06-17 11:03 | スタンプ

Be mine


明るい色目のカードに挑戦。

d0071176_10403552.jpg

HERO ARTSのシャドウインクパッドを直接紙にスタンプして背景作り。
画像では一色にしか見えませんが、2色使っています。
紙との相性でちょっと波打ってしまいました。
これも経験値! と勝手に決め込み作業続行。

メインのハートはカレイダカラーでスタンプの後
チョークでうっすら色づけしました。
小さいハートはテイストをメインのハートに近づけたかったので
ペイズリーのスタンプを重ねています。

d0071176_10405671.jpg
ちょっとポップアップしてみたりして。
d0071176_10411063.jpg










KURETAKEの
3Dドッツを使いました。










d0071176_10413555.jpg
今日のスペシャル
サンクスは
ネットショップの
Tiny Dotsさんです。
マイミクでもある
オーナーのチョイスで
シックで可愛い商品が
目白押しです。





クリアスタンプ、アンマウント用品も揃い、
ギャラリーには使い方も紹介されていて
スタンプビギナーにはとても有り難かったです。

使用スタンプ:stampington(メイン)、HERO ARTS
使用インク:カレイダカラー、カラーキス、アートニク、SHADOW INK
[PR]
by greenfrog9 | 2006-06-14 18:45 | スタンプ

夏のアルバム


子供と水族館に行ったときの写真を綴ろうと思いミニアルバムを作成。

d0071176_12335097.jpg
表紙はバーサマークという無色油性のインク&クリアエンボスで
白抜きにした後ファンデーション用のスポンジで
数色のインクをポンポンポン。。。
面積の広いところを埋めるにはファンデーションのスポンジが便利でした。


d0071176_1234741.jpg6インチ×6インチのサイズなので
写真がメインになると思い
中はブルー系で統一感を持たせシンプルに。
(いやいやシンプルにしかできないんです。。。)

d0071176_1234235.jpgすべて速乾性のバーサマジックで
DTP(Direct To Paper、紙に直接
インクパッドをこすりつけて着色する方法)
の後、さらにバーサマジックとブリリアンスで
スタンプを重ねています。
(画像小さくてすみません。汗)

と、スタンプアートを経験済みの方々には「はいはい、アレね」とお馴染みの
言葉や道具類ですが、これから挑戦される方には謎ですよね。
次回はざっと道具や使い方についてまとめてみたいと思います。
(果たしてまとめられるのか?)


使用スタンプ:stampington,Hero Arts,Art impressions
使用インク:バーサマジック、ブリリアンス、アートニック、バーサマーク
[PR]
by greenfrog9 | 2006-06-06 12:39 | スタンプ

ラバースタンプのブログはじめました


学生の頃、伊東屋で設計図に用いる
木を上から見たモチーフのスタンプを買いました。

それは私にとってモダンで斬新で
そして何度も同じ形を紙の上に再現できる
魅惑的なアイテムでした。

そのスタンプは季節の挨拶のはがきに捺されるばかりで
本来の用途や、またそれ以上の力は発揮させられず、
いつのまにか私の頭から消えていきました。

それから十余年が経ち
先日インターネットでふと「スタンプ」を検索してみました。
そこには私が想像もしなかった、
スタンプアートの世界が広がっていたのです。

見たこともない繊細なスタンプ。
クラシックなもの、大人の可愛さを持ったもの、
絵筆で描いたようなお花、
それらが色とりどりのインクで捺され
絵の具、チョーク、色鉛筆で彩色され、
まるで絵画のようにそこに並んでいました。

学生の頃のあのスタンプを見つけたときのような
衝撃と高揚を感じながら次々に検索ページを開き
それを見終わる頃には、すっかりスタンプアートの
虜になっていました。

学生の頃からすこしづつ買い集めたスタンプの箱を
何年ぶりかに取り出してみました。
残念ながらそこにあの木のスタンプはありませんでした。
きっと不用意に捨ててしまったのでしょう。
自分の行動を悔やみました。

でも、いま私のもとにはまたスタンプが集まってきています。
小さくても、大きな可能性を秘めたスタンプ達。
あの木のスタンプも探せばまた手に入れられるのかも知れません。
でも私はあのスタンプを手にした時のよろこびと興奮を思い出に
もう一度最初の一歩から
スタンプとのお付き合いを深めていきたいと思っています。
(。。。って、ちょっとまじめすぎ)


d0071176_1224359.jpg

[PR]
by greenfrog9 | 2006-06-03 11:09 | スタンプ


カテゴリ
リンク
ライフログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧